ここで取り上げる話題なのかわかりませんが、エロは正義なのか悪なのか、それともそれを考える事がそもそも間違っているのか。

 

これについて考えたいと思いました。なんとなく。

 

男の場合、何かをする時や目標、生きがい、恋愛を考えたりする時に常に立ちはだかってくるのが、自分自身と他人のエロだったりすると思います。

 

そのエロを押しぬけて、物事に取り組んでいる男性を見ると男の場合は正義を感じたり、称賛したりしてしまったりすると思います。

また物事に取り組んで大きな成果を得たとしても、エロに関係すると悪とみなされたりします。

 

答えはきっと、私が使ったりする男の遺伝子の関係だから、正義とか悪とかよりそれだからねという事なんでしょうけど。

 

・・そういう事でもありますよね。

 

・・書いていくと自分で納得してきました。

 

文が短いから、何か書こうかな。

 

女性の場合、恋愛ですからね。基準が。

 

そうなると、なんで遺伝子的にエロを悪と感じるように人間はできているのか・・真面目な話題に変わってきたけど、大丈夫なんでしょうか・・文章の行き先が。

 

それは考えるとわかりますけど、みんな好き放題エッチしまくってたら、子供が増えすぎてしまいますから、そうなると食物連鎖で人間より上のものがないと地球が破滅しますからね。

 

そんな事ですよね。神様的な人が生態関係を本当に上手くやっているのかわからないんですけど。

 

それだったら、そういう事だからという事で、正義や悪を感じるように人間はできてたらと思いますが、そう考えると人間ってそういう基準でできていないからか、周りの目とかで悪というか批判を受けるようにできてたりするのかなと思えてきました。

 

そうなると正義なのか悪なのかで考えること自体が違っているような気もしました。

 

なんかいい事を書いている気もしてきました。

 

でも、自分自身のエロのために他人を落とし入れられたらたまったもんじゃないですよね。

それも、そういう欲求が強い感じにできてしまった人だからとなるんでしょうし。

 

この話題を書き始めたのは、気づく人もいるかもしれませんが、これでした。

 

やっぱり、人間とかそういう生態だからですよね。犬でも狼でもそういうのあると思うし、見えないだけで。

 

それだから、エロをエネルギーに変換して生きる力が凄いなと私は思ってもいるわけだし。

 

いつの世も、若くてエロをエネルギーにして仕事をしている人って必ず出ていますから。

それがいい感じだったらいいけど、そうじゃないと厄介ですが。

 

それを知らずに、エロを良しとしない人も、その力で知らずに正義を感じて生活しているのも世の中ですからね。

 

そういう人達にエロから、正義とか道徳だと感じる状態に変換して届けてますからね。

でも、このサイクルがお金とかになりますからね、きっと。

他人のエロは見たくないとかが普通だと思うし、そうなるととなるとですね。

 

エロ動画は例外になりますけど、それは女性の裸とか見れているわけだから、自分自身の利益にもなるからでしょうけど。そういうの業界見ているとありますよね。私の取り巻きとかそういう類がかなり見えますし、私の利益はないというか利用してたりですから。

 

でも、そういうのもまたエロの力ですからね。仕事というか、その男性を動かしているエネルギーとか。

 

女性の場合は恋愛関係ですね。そういうエネルギーとかって。女性の世界観からするとエロというよりそっち方面がメインで物事が見えているだろうし。

 

恋愛はダメージがデカいですから、生活の軸のエネルギーにするのは私は怖いですね。

女性は男性のエロが恋愛のダメージを大きくするのを理解していない人が多いというか、そういうふうにできているんでしょうけど、そういうのも男性からするときついですからね。

 

きっとというか、解決策はそういう男性の環境にいかない事だと思ってもいたんですけど、私の場合、そうならないですからね。

自分自身もたいした事ない人間でもあるとは思いますけど、こういう人達をどう消化して生活していくかも課題なんですよね。

 

ただエロが蔓延すると、野球チームとかルールや審判の判断基準などがエロになると、キャバクラーズが首位とかなる世界もどうかなと思いますよね。

キャバクラの接待がチーム力になっているとか。

他のチームの主力もキャバクラーズに移籍したりとか。

そうなると観客がつくのか・・・つかなくてもやっていけるのか。

ファン層も男性メインだから観客もそっちに巻き込むと客もつくのかもしれないですね。

 

さすがに、そうなると野球もつまらなくなってしまいますから、

そうならないように、心配しています。

 

真剣に野球をやっている人もいます。

おすすめの記事